<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

西城秀樹さん MBCラジオ追悼番組

今朝の南日本新聞を読んでいたら、「ヒデキ永遠に」の見出しで、
西城秀樹さんの記事が掲載されていました。

明日、29日(火)22:00~24:00 MBCラジオ特別番組
「ミュージック・エクスプレス~一生青春、ありがとう秀樹さん~」
追悼番組があるそうです。

担当する山下美智代さんは同級生で、友人から
「MBCの山下さんはすごい、すご~いヒデキのファンなんだよ」
「ヒデキと会って、話したんだよ!」
と聞いていました。

新聞記事によると、小学校からのファンで、放送業界に入ったのは、
「秀樹さんに会いたい」一心だったそうです。すごいですね。
MBCのタレントさんになり、ラジオ番組で秀樹さんと共演し、
親交を深め、結婚式にも招待されたそうです。すごい!

山下さんは、西城秀樹さんのことを
「センスと努力の人だった」と振り返っていました。
憧れが、仕事をする上での目標に変わっていったそうです。

ヒデキは、いつでも、何でも一生懸命だったのだと思います。
1曲、1曲を全身全霊で歌う姿、リハビリを何時間もする姿、
きっと、周りの方々が、「そこまで・・・。」
と、思うくらい何事にも取り組んでいたのだと思います。

メール・ファックスで
「秀樹さんへ伝えたいメッセージ」を受け付けるそうです。
私も、秀樹さんへの感謝の言葉を番組へ送りたいと思います。











by ap-shinsei | 2018-05-28 13:04 | 出来事・雑感 | Comments(0)

「ヒデキ」が残してくれたもの

5月16日にヒデキが逝ってしまってから10日です。
昨日はお通夜・今日の告別式が終わり、
本当に最後、お別れとなってしまいました。

自分が思っていた以上に喪失感は大きいものでした。
そして、今さらながら、偉大な人だったのだと思いました。

テレビに映る若い時のヒデキは、私の記憶に中にあったヒデキより
何倍もカッコよくて、何倍も歌が上手でした。
「カッコいい!」という言葉は、この人の為にあるのだと思いました。

NHK紅白歌合戦に初出場した時の「傷だらけのローラ」を歌う映像なんて、
倒れそうになるくらい、凄い!素晴らしいです。
しかも19歳だったそうです。(YouTubeで見て下さい!)

傷だらけのローラ、その声の凄さを知ると同時に
「ヒデキ、歌いたかったよね。声、出したかったよね。」と思うと
涙が溢れてきます。

ここ数日、一人でごはんを食べてる時や、寝る前にベットで
ヒデキの懸命にリハビリを頑張っている姿や優しい笑顔が浮かぶと、
泣けて泣けて仕方ありません。

ヒデキの曲で素晴らしいものは沢山あり過ぎますが、私の中のトップ3は、
「ちぎれた愛」(セリフ入りの衝撃と初めてのアクション!)
「傷だらけのローラ」(ど迫力の歌唱とカッコいいアクション!)
「ブルースカイブルー」(壮大な曲調と素晴らしい歌唱、切なさと優しさが素敵だった)

 告別式では、このブルースカイブルーでお別れだったそうです。

 ヒデキが残してくれた
 沢山の素晴らしい曲の数々と優しい笑顔。
 そして、真っすぐに、ひた向きに生きること。

 天国では、その素晴らしい声で、思いっきり歌って欲しいです。

 いつか遠い空の上で、また、会えることを楽しみにしています。
 ヒデキがいると思うと。。なんだかちょっと安心です。

 「ヒデキ、ありがとう。ありがとう!」
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 










by ap-shinsei | 2018-05-26 18:53 | 出来事・雑感 | Comments(0)

西城秀樹さんの訃報

西城秀樹さんの訃報を初めて聞いたのは、昨日のお昼でした。

鍼治療院の待合室でNHKのニュースを見ていたら、
お亡くなりになったことが伝えられました。

芸能人の方の訃報を聞いて、涙が出てしまったのは初めてでした。

今までにも、悲しいとか、本当に残念だなと思うことはあったけれど、
身近にいる人ではないので涙が出ることはありませんでした。

けれど、「西城秀樹」やっぱり違いました。

小学校5年生の時、芸能人で初めてファンになった人です。
「カッコイイ!ヒデキ~!キャ~ッ!」って感じです。
それは、もう45年も前のことです。

高校の時(だったと思う)にザ・ベストテンの中継で鹿児島に来た時、
友達と二人で見に行きました。
確か、さつまあげで作った「YMCA」が話題になったと思います。

毎週、寺内貫太郎一家を見るのが楽しみでした。
浅田美代子と結婚すればいいのに。とか思ってました。

2度の脳梗塞を起こし、壮絶なリハビリをしながらも
歌手としての人生を最後まで生き抜いた人でした。

激しいアクションや力強い歌唱で活躍した人が、
身体が不自由になり、歩くこともままならない姿を
「ありのままの姿を見てもらうこと」それが大切だと言って、
テレビ出演もしていて、すごい勇気のいることだと思います。

そんな風に、ひた向きに、純粋に力強く生き続けた人。
本当に、本当にカッコいい人です。

10代の子供たち3人を残して、どんなにか無念だったと思います。
「子供がまだ小さいから頑張らないと・・」といつも言っていました。

今朝、高校時代からの友達からメールが来ました。
「久しぶり。元気ですか?落ち込んで無いかなと思ってメールしました。
 ヒデキがいなくなるなんてビックリで残念です。
 今日は仕事が休みなので、お昼にはいけますよ。」
で、今日はその友達と会いました。

「ヒデキ」は、私たちの青春時代を鮮やかに彩ってくれた人です。
63歳なんて若すぎます。早すぎます。

今、思う言葉は「ヒデキ、本当にありがとう!!」
大切なことをたくさん教えてくれた人です。

西城秀樹さんのご冥福をお祈り致します。















by ap-shinsei | 2018-05-18 19:42 | 出来事・雑感 | Comments(0)

株式会社新聖都市開発 社長が日々の出来事などを随時お届けします。


by ap-shinsei
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る