2007年 10月 31日 ( 1 )

研修会報告

おはようございます!

秋晴れの良い天気です。本日当社はお休みですが、私は会社で、モーツァルトを聞きながら、ペパーミントティーを飲みつつ、ペパーミントのアロマオイルの香りの中で、このブログを書いてます♪今日は、お友達とランチして、「ニトリ」で物干しを買う予定。「ニトリ」好きです。本当に「お値段以上ニトリィ~♪」です。

私は会社に早く来た時には、モーツァルトの音楽を聴いております。「モーツァルトの音楽を聴くと知能指数が高くなる」と、ある脳科学者が言っていました。それを信じて!就寝前の音楽も目覚めの音楽もモーツァルトです。日ごろ自分でどうも頭が良くないな~と感じている私、頭がよくなることを願っています。CDをネットで購入興味のある方は⇒こちら

さて、月曜日に鹿児島商工会議所で開催されました、
「今さら聞けない!?法律の基礎知識」」
~民事再生、会社更生法、破産、特別清算、直面してから慌てないために~
のセミナーを受けてきました。講師は照国総合法律事務所の弁護士
桃木野 聡先生でした。先生は、東京大学を卒業して、東京銀行に入行、コロンビア大学ロースクールを卒業し、現在に至る(なんかすごい経歴)とのことですが、気さくな感じの先生でした。先生自ら「弁護士って敷居が高い感じがしますよネ」「僕をみて下さい。敷居が低いでしょぉ。なので何かあったら気軽に相談して下さいネ」とおしゃっていました。会場は(笑)

例えば、取引先が倒産!会社に貼ってあるはり紙から読み解けるものは何か?
会社が危ない!倒産!?という時の処理には色々なものがあります。

1、倒産型処理   会社更生法・民事再生法・特別清算・破産

2、非倒産型処理 特別調停・会社分割・中小企業再生支援協議会の支援による事業再生

3、私的整理(任意整理) 

あまり詳しいことは書けません(もし、私が何か間違うといけないので)が、不動産業は個人の破産や会社の清算の時にも関わることがありますので、このセミナーを受けてみようと思いました。

いざ、という時に慌てず、的確な手段・行動をとることで被害が最小限に抑えられるだけではなく、万が一苦しくなったとき、正しい知識を元に最善策を検討すれば、遠回りせず事業再建に向け活動することも可能ということです。倒産するにも、自己破産するにもお金がかかります。早めに弁護士に相談するのが良いと思います。

みなさんも、万一にそなえて、一度は勉強してみるとよいのでは!では、また。
by ap-shinsei | 2007-10-31 10:19 | 研修会・講演会 | Comments(0)

株式会社新聖都市開発 社長が日々の出来事などを随時お届けします。


by ap-shinsei
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る