鹿児島県宅地建物取引業協会 女性委員会発足

こんにちは!
今日は雨です。車の運転には気をつけてくださいネ。

さて、昨日鹿児島県宅地建物取引業協会の女性委員会の発足式がサンロイヤルホテルであり、出席してまいりました。

女性特有の感性や能力を磨き、お客様のさらなるお役に立てるようにと活動をしていくとのことでした。
発足あたっては会員から、色々と意見があったそうです。今どき、わざわざ女性を集めて特別にしなくていいのではないか等。。。
私は、何かお客様の為にやろうと考えて取り組んだことであれば、トライしてみたらよいと思います。やってみて、成果が上がったら続ければ良いし、必要ないと感じたらやめたらよいと思います。まずはやってみないと、それすらわかりません。やらないと現状は何も変わらないのです。また、現状を維持するということは、時代が変化し進むので、「後退」することと同じです。

宅建協会の竹下会長は力強く、女性を応援して下さいました。竹下会長は業界のレベルアップの為に新しい試みを色々と考えている方だと思います。

私は女性というものを一つの個性と考えています。だから男性ということも一つの個性です。それぞれが自分の個性を生かした仕事をできればいいなと考えています。
男性と女性が、お互いに足りないところを補い合い、優れているところを学び、それぞれの個性にあった仕事で、お客様に喜んで頂けたらよいと思います。

発足式では、山野真理さんの講演会がありました。この方は元MBCのアナウンサーで現在は、県内の自治体や企業研修で話し方や接遇マナーについて講演をされています。

沢山のお話の中で印象に残っているのは、「わかっている。知っている」と「出来ている」はイコールにならないということ。マナーだけではなく、様々なことにいえると思います。
「出来ている」と言えるようになるには、日々実践です。日々実践。。。(--;)ガンバリましょう!

それから、名刺を受ける時のお話では、相手の名刺の名前や会社名のところに指が触れないように頂くということでした。

また、マナーは時代によって変化するもの、文化によって違うものということです。

「マネーより」「マナーを」と、いうのはどこかの金融会社ね。このコマーシャルの「マナー」の場面は、そうだなと思いつつ、結構真剣に見て、次のマナーは何!って楽しみにしている私です。
by ap-shinsei | 2007-05-29 08:59 | お知らせ | Comments(0)

株式会社新聖都市開発 社長が日々の出来事などを随時お届けします。


by ap-shinsei
プロフィールを見る
画像一覧