<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「私の中のあなた」

こんにちは!

日ごとに秋が深まっていく感じがします。昨日は長袖セーターとか厚手ジャケットとか出して衣替えしました。やっと。。今年の冬は新型インフルエンザが流行りそうな気配です。免疫力アップを図る為にも、質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動はかかせませんネ。皆さんも気をつけて下さい!

で、「私の中のあなた」を見てきました。後半は涙・涙・涙でした。愛する人への思いと、自分の複雑な感情。本当に深い映画だなあと感じました。家族の誰もが家族の絆を大切にしている。そして、痛いほどの母親の愛情。愛するが故に見えなくなってしまうことがある。

作品紹介のコメントだけで想像していたよりずっと、ずっと多くの意味が含まれていた映画でした。母親役のキャメロンディアスも良かったですが、姉・妹・弟役の子供たちの演技もすごかったです。誰もが主人公という感じでした。姉ケイト役の女の子の表情やしぐさ・言葉の中には、「心の奥」まで見えた感じがしました。

場面展開というか、過去の様々な出来事のシーンが所々ですごく良いタイミングで織り込まれていくというこの流れも興味深かったです。私は、映画評論家のような専門的なことはよくわかりませんが、そんな感じでした。

「愛する人を失う」という現実をどう受け止めるべきなのか、、、きっとわかってる人はいないと思います。そして、生きたくても生きることが出来ない子供たちが現実に沢山いる。。色々なことを考えさせられる映画でした。
by ap-shinsei | 2009-10-22 10:28 | 映画

本日のお勧め本「モダンリビング」アシェット婦人画報社

おはようございます!

朝、夕と鹿児島も随分肌寒くなりました。朝日が昇る時間も遅くなり、朝焼けを見ることも多くなりました。今朝の朝焼けもとても美しかったです♪

さて、今回御紹介する本は、「モダンリビング」 -アシェット婦人画報社-です。

d0095877_9301346.jpg
リノベーションの仕事を始めるようになり、様々なインテリアの本を見てみますが、このモダンリビングには美しい風景・美しい建物の写真が多くあり、絵画を見てるような感じがします。
今月号の表紙もとても素敵です。この本に掲載されている建物は、まあ相当な値段?って感じですが、デザイン性の高いものをたくさん見ていると、きっと色々なことを学べると思います。

豪華一点主義ってことで、何か一つでも取り入れてみても良いと思いますし、その建物を所有している方の暮らし方や考え方を知ることも出来きます。

今月号に、「リノベーション」の記事が掲載されていて、数人の建築家のコメントが掲載されていました。その中のおひとり、マニエラ建築設計事務所の大江一夫さんのコメントをご紹介します。

「リノベーションの良さは、まったく新しいものと違って、制約の中から出てくる『思いがけない風景』が生まれること。古い建物の味わいや質の高い部分を残し、現代の設備を上手に導入することで、新築にはない面白い空間と快適性が生まれます。」

私がおもしろなと思ったのは、この『思いがけない風景』ってこと。予想外の「あらっ!いいネ」ってこと起きるといいなぁ。。。です。

賃貸のリノベーションは、色々な意味でかなりの制約があります。鹿児島では、、まだまだこれからの分野ですが、なんとなく、自分の感性が刺激されて楽しいので、色々と勉強して行きたいと思います♪
by ap-shinsei | 2009-10-11 09:30 | 読んだ本から

第2回 家主様応援セミナー開催報告

お疲れさまです!
10月になりましたネ。秋の賃貸シーズンの訪れです。夏の間に結構あいていた物件もどんどん決まってきましたヨ。気になる物件は早目のお問い合わせを♪

さて、9月26日(土)13:30~ドルフィンポートで開催された「第2回 家主様応援セミナー」の開催報告をします。遅くなりました。今回41名の方々に参加して頂きました。ありがとうございました♪

第1部 日本管理センター株式会社 代表取締役 武藤英明氏
     「既存アパート・マンション満室化計画」
     ☆賃貸物件を建てるためのより良い考え方
     ☆インターネット時代に対応した物件の出し方・見せ方
     ☆今のお部屋探しのお客様の物件に対するニーズ
     ☆一括借り上げを利用した安定した賃貸経営等
              ↓武藤社長の講演模様
d0095877_1917432.jpg


第2部 有限会社新聖都市開発 代表取締役 大竹信子
     「空室になる本当の理由と満室になったワケ」
     ~リノベーション、時代を捉えた空室対策~
     ☆既存物件で空室になっている理由色々
       1.適正な賃料相場
       2.基本的な共用部分の清掃メンテナンス
       3.不動産会社への依頼・募集の仕方、初期費用の変化等

     ☆古い既存物件を再生させるリノベーション
       1.当社で再生し、入居した物件の紹介
       2.借り上げを活用した安心のリノベーション
       3.リノベーションのポイント等
              ↓私の講演模様 
d0095877_19215730.jpg


長時間の講演にもかかわらず、家主様の真剣な眼差しが続きます。空室率25%時代の到来と言われています。新築家賃の下落で既存物件はさらに苦境に立たされています。古いから入らないから、古いけれども魅力がある物件にして空室を解消して行かなくてはなりません。
家主様も入居者様にもよろこんで頂ける物件を生み出す「リノベーション」への取り組みを深めて行きたいと思いました。
by ap-shinsei | 2009-10-02 19:32

株式会社新聖都市開発 社長が日々の出来事などを随時お届けします。


by ap-shinsei
プロフィールを見る
画像一覧