<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

来年は「希望の年」に!

こんにちは!

皆さんどのような年末をお過ごしですか?今年は100年に一度の金融危機とか経済不況とか本当に大変な年でした。自分が働く場所が無くというのは本当に辛いことだと思います。

仕事は生活の基盤、生命線です。こんな状況だからこそ、今一度「仕事」というものをよく考えることが必要だと感じます。

私は社員に「売上を追うな、仕事を追え。仕事を追えば、後から必ず売上がついて来る。」と言いました。そして、「仕事」って何なのか、真剣に良く考えて欲しいと言いました。

「仕事」ってなんなのか?これは当社営業社員への宿題ですので、私の考えは書きません。みなさんもこれを機会にじっくり考え、また、第一線で活躍し、成果をあげているの人の仕事に対する考え方を知ることが必要だと思います。もちろん、答えは一つではないはずです。
私自身も「仕事」についてもっと深く考えてみようと思います。

今は世の中が「赤信号」でも、その赤信号で立ち止まる時間は、神様が世の中に与えてくれた大切な時間なのかもしれません。

私には先日の天皇陛下の言葉が心に響きました。涙が出そうな気持ちになりました。
以下のようなことだったと思います。

『世界的な金融危機に端を発して、現在多くの国々が深刻な経済危機に直面しており、我が国においても、経済の悪化に伴い多くの国民が困難な状況に置かれていることを案じています。働きたい人々が働く機会を持ち得ないという事態に心が痛みます。
 これまでさまざまな苦難を克服してきた国民の英知を結集し、また、互いに絆を大切にして助け合うことにより、皆で、この度の困難を乗り越えることを切に願っています。』
  
皇室の存在がどうのこうのという議論とは別に、この方は本当に国民を思い、国民を信じ、国民の為に生きようとしている人だと思いました。

人は「希望」があるからこそ生きていけるのだと思います。自殺していく人の心には「絶望」しかありません。私は、お客様や社員、そして私と関わる人たちに「希望」を持ってもらえるような仕事をしていこうと思います。

来年は、さらに頑張りますよ!
これからも「アパートマンションプラザ新聖」をよろしくお願いします!では、良いお年をお迎え下さい!
by ap-shinsei | 2008-12-30 12:49 | 出来事・雑感

「ウォーリー」

こんばんは!

クリスマスイブに一人で。。。(悲)「ウォーリー」を見に行きました。
外国映画で初めて吹き替え版を見ました。そこであらっ!そぉなの。と、思ったことがあります。映画の中の映像の部分が「日本語」になって出てくるのです。ある場面で「ポスター」が出てくるのですが、それが日本語なのです。ふぅ~ん。こんなところも映像処理するのかとびっくりしました。(子供も見る映画だから?)

で、もうウォーリーの表情が可愛くて可愛くて。ロボットなのにすごい表情があるのです。そして、すごく健気なのです。とっても魅力的でした。

子供から大人まで楽しめる映画です。年末年始、ご家族で、カップルで、もちろん一人でも見てくださいね。

それで、クリスマスイブに一人で映画を見るなんて悲しいですよねぇ。。。という話をしたら、その方から、「クリスマスに一人で。。。。とか思うのは乙女チックなことなのです。そういう乙女心は何歳になっても持ち続けた方がいい。いくつになっても独身の人が若くいられるわけはそこなのです。。」とみょうな励まし方をされたのですが、それがなんとなぁ~く。あっ。。そぉねぇ。そうよねぇ。とちょぴり元気になった私でした。
by ap-shinsei | 2008-12-27 18:25 | 映画

鹿児島国際大学で講義しました♪

こんにちは!
寒くなったり、なったり、日によって気温差が激しいこのこの頃。皆さん体調管理には、十分気をつけてくださいネ。

さて、22日(月)は、鹿児島国際大学で講義をさせて頂きました。学生さんは100名程度だったのでしょうか。皆さん経営・起業を学んでいらしゃる方々です。

演題は、「ピンチはチャンスの始まりだ!」~挑戦こそ、ピンチをチャンスに変える~
です。今日の日経のトップ記事は「トヨタ、営業赤字1500億円」でした。トヨタの渡辺社長の記者会見で「今回の危機はこれまでと質が違う」とおっしゃっていました。
今年、上場企業34社が倒産しました。半分以上が不動産・建設業です。本当にj厳しい経済環境であると感じます。

会社が「突然死」するのです。ちょっと前までは、売上・収益過去最高などという状態だった会社が倒産です。今、大手企業のリストラがすごい勢いで行われていますが、すぐに中小零細に響いてくると思います。鹿児島の零細企業は3~4ヶ月後に一番大変な時期にさしかかり、きっと不渡り・倒産が増えると思います。

で!とにかく2009年をなんとか乗り越える、この時期をなんとか耐えることです。どんなに厳しい経営環境の中でも利益を出し上向き経営をしている企業があるのです。今こそ、何がお客様の為なのか、自分の会社は何の為にあるのかをさらに考え、お客様から「必要」とされる「会社」「人」になれば必ず生き残れると思います。

人は「逆境」の時にこそ、試されると思うし、「成長のチャンス」だと思っています。企業も同じだと思います。そして常々言っているように、「変化できる者だけが生き残る」のです。今が変われるチャンスなのだと考えます。

国際大学の学生さんには、いつものように、「失敗や批判を恐れることなく、チャレンジをして下さい」と伝えました。若さという大きな財産は少々のことでは減らないのです。若い時の失敗はまた、やり直せば良いのです。こんな時だからこそ、チャレンジできることが必ずあります。それを必死になって見つけようとすることが大切だと思います。

毎日くら~い記事だらけですが、健康に気をつけて頑張りましょうね。私の経験から言いますと、「体力」は「気力」を補えますが、「気力」は「体力」を補うことはできません。「体力」がなくってしまうと「気力」までなくなってしまうのです。恐ろしいのです。健康第一ですね。では、また。
by ap-shinsei | 2008-12-23 11:28 | 出来事・雑感

「カラーセラピーを活かしたインテリア講座」

お疲れ様です。
先日、鳥丸尚子さんのインテリア講座を受講してきました。インテリアに関する講座は初めてでしたが、楽しかったし、とても勉強になりました。

講師である鳥丸さんは、先日当社のセミナーに来て頂きました。それまでの間に何回かお会いしてお話をしたのですが、鳥丸さんと話をしているとだんだん元気になってきます。

いつも、笑顔でインテリアのことを情熱的にお話になります。あ~っ。こんな方だからこそ、色々な講演の講師としてひっぱりだこなのだなと思いました。インテリアの知識以外のことも教えて頂いた気がします。

さて、そのセミナーですが、最初にカラーセラピーということで、「キュービック・カラーセラピー」というテストのようなものをしました。5つの枠に色を塗っていくのですが、塗った順番と場所と色で、過去・現在・未来の自分が見えるのです。ちなみに私の現在(現在の状況)は色は「赤」。この色の解説を見ると、
ポジティブ面として、「情熱的・社交的・厚情・活力・行動的・義侠心」
ネガティブ面として、「闘争心・攻撃的・自己中心的・自制心欠如・自我が強い」
と出ていました。今の自分はそうなのかぁ。。。

次に未来(欲求願望)は「紫」解説を見ると
ポジティブ面は、「感受性豊か・美意識・情緒豊か・個性的・芸術的・高尚・高貴」
ネガティブ面は、「保守的・地味・頑固」
と出ていました。そうか私はこうなりたいのかぁ。。って感じです。面白かったですヨ。

インテリアについては、今回は「窓廻りのコディネート術」
色々なカーテン・ブラインドを見せてもらい、解説がありました。自分が思っていた以上に様々な種類があり、様々な演出があるのだなと思いました。窓廻りというのは、家の外から見てもとても大切なのもになります。家のデザインや外壁にだけこだわっても「窓」を忘れがちです。窓のかかるカーテン・ブラインドも考えなければなりません。
美しい窓辺を演出する為のポイントは4つ
①部屋の用途
②ライフスタイル
③機能
④インテリアイメージ

鳥丸さんからのアドバイスで、せっかく賃貸のオシャレなデザイナーズマンションが建っていても、窓がバラバラ、アンバランス。家主さんの方で統一性のあるものを建物の一部としてつけることが必要なのでは。ということでした。そ~ですネ。

テキストてして使った「インテリアを成功させるヒント201」(トーソー出版)という本を買いました。勉強になりますヨ。興味のある方は読んでみて下さい。
by ap-shinsei | 2008-12-20 18:12 | 研修会・講演会

「成功」は約束されないが、「成長」は約束されている。

こんにちは!

12月に入り1週間がたとうとしています。昨日スーパーに行ったらお正月飾りが各種でていました。まだ、クリスマスが来てないケド。。。どんどん早くなっていくのだなと感じました。去年まではクリスマスが終わってから、正月用品がどーっと出回っていたような気がしたのですが。。気のせいでしょうか???

さて、タイトルの言葉は、「私は貝になりたい」で主演した中正広さんの言葉です。この作品を作るには、並々ならぬ苦労があったようです。精神的にかなり追い込まれた状態になったそうです。中居さんがおっしゃるには「ほんとにしんどかった。今、やれと言われても、もう絶対できないでしょうね(笑)」

演技に対しての質問を受けたことに対して、「何を基準に「成功」と言うかはわかりませんが、「成功」は約束されないけれども、「成長」は約束されているんじゃないかと思ったんです。それがこの作品に出演した大きな理由の一つです」とのこと。

これは、色々なことに言えると思います。失敗することを心配したり、失敗して人から批判されることを恐れたりして、やらなかったら、当然「成功」はありませんし、「成長」もありません。

中居さんの言うとおりに、挑戦して、自分で精一杯やり遂げれば、必ず成長は約束されます。この「精一杯やり遂げる」が大切です。もちろんこれがなくて、ただ甘くやってみても何にもなりませんね。。

ここでまた思うのが、石川遼くんのことです。プロにチャレンジする勇気と決断、またその後の頑張りはすごいです。頑張れ、遼くん!


皆さんも何かに迷っているなら、「挑戦」して「精一杯やり遂げる」、やってみましょう!!ねっ♪
by ap-shinsei | 2008-12-06 09:36 | 出来事・雑感

株式会社新聖都市開発 社長が日々の出来事などを随時お届けします。


by ap-shinsei
プロフィールを見る
画像一覧